正しい情報を得よう

現代は情報社会。

様々な情報が飛び交うようになりました。

受取り手を混乱させるようなマスコミの報道の仕方が気になります。

不安を煽ることで利益を生むという仕組みからでしょうか。

今回は正しい情報を得ようとすることが人生に良い影響をもたらすことについて書きました。

この情報は正しいのかな

2017年からアメリカ合衆国の第45代大統領を務めているドナルド・トランプ大統領。

彼をめぐっての大統領選の報道はかなり熱かったなと記憶しています。

あくまで個人の見解ですが、トランプさんのマイナス面をクローズアップしている報道が多いなぁ感じました。

トランプさんってそんなに悪い人なのかな?

当時、私の脳裏にそんな素朴な疑問が湧いてきました。

結果的に大統領に就任し、現在もアメリカ合衆国のリーダーとして舵取りをされています。

彼の人となりを知るため、トランプさんのtwitterをフォローしている時期もありました。

本人の言葉から事実を読み取った方が正しい情報ではないかなと考えたからです。

ファクトフルネスを読みました

FACTFULNESS 10の思い込みを乗り越え、データから真実を読み解く習慣 / ハンス・ロスリング 【本】

価格:1,980円
(2020/4/30 05:57時点)

正しく物事を見ているのだろうか?

この本との出会いにより、人は思い込みによって物事を判断してしまう生き物であることを認識できました。

ワイドショーでコメンテーターが話す言葉に惑わされる。

いかにもそれが正しいような気がしてしまい不安になる。

だったらもう受動的に情報を得ることはやめよう。

ワイドショーから情報を得ることは断捨離しました。

能動的に情報を得ていく習慣

現在はほとんどテレビを見なくなりました。

最近見ていたのは、NHKの連続テレビ小説くらいです。

もちろん、今後も面白そうなドラマがあれば見るかもしれません。

それくらい、興味が湧かないとテレビのスイッチをオンしないです。

  • 信頼する情報源と信頼しない情報源の報道の仕方を見比べる
  • 政府関連のホームページからデータを読み取る
  • ヤフコメやTwitterから受取り側の反応を見る

こういったことを意識して情報を得るようにしています。

どんな風に事実が曲げられているのか調べるようになり、ほんのちょっと楽しんでいます。

大切なのは安心感

世の中が混沌とすると不安に包まれてしまいがちです。

人間にとって大切なのは安心感を得ることです。

赤ちゃんの頃、泣くことでしか表現できなかった。

お父さんやお母さん、大切な人が傍にいる。

美味しいミルクを飲ませてもらえる。

おむつを替えてもらえる。

安心感って生まれた時から体感している幸せですよね。

まとめ

正しい情報を得ようとすることは安心感を得ることに繋がっています。

トイレットペーパーを買い占める。

こういったことが起こってしまうのは不安がそうさせているのではと思います。

マスコミの報道の仕方は変えられないけど

情報を受け取る私たちが変わっていくことで不安を払拭していけるのではないでしょうか。

いつでも冷静な目でファクトフルネスできる人でありたい。

こんな時代だからこそ、必要な習慣だなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

よかったらシェアしてください♥

2件のコメント

今回もとても良い記事でした。

マスコミや報道は注目集めるため
どの背部組織や利害が絡んでるのか知りませんが情報操作、心理操作をしますよね。

それでも、自分達の認知には限界があるから
一部だけを見せられてるのに全体を判断してしまう習性がある…

自分も情報源には慎重になります。
そして、なるべくならデータがきちんと裏付けてしてあるものが欲しい

ファクトフルネス良い本ですよね。
自分も途中まで読みました。

みかんさんの記事を読んで
きちんと最後まで読んでみよう思いました。

たまごさん◎
読んでいただき嬉しいです。
これからもマスコミの情報操作や心理操作を食い止めることは難しいと考えています。
なので受けとる側として「情報が正しいのかを判断して読み取る力」をつけていくことが必要だと思います。
マスコミにマインドコントロールされないように
自分から正しい情報を得て、より良く生きていきたいですね。
ファクトフルネスは良い本ですのでぜひ最後まで読んでみてください。

いつもありがとうございます(*_ _)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください