音楽を聴きながらの「捨て活動」のすすめ

心と向き合うためにたくさんのモノを手放してきました。

中には捨てがたい物もあって手が止まるなんてことも。

もったいないなー

今回はこんな気持ちをかき消すためには、音楽の力を借りると良いという件について書いていきます。

お役に立てると嬉しいです。

思い出のモノを捨てるのは辛い

1年前のゴールデンウィークに10日間のお休みを頂いたのですが、お金をほとんど使わずに過ごしました。

憑りつかれたように捨て活動に勤しむ日々。

おかげでメルカリで10万円ほどの利益を生み出すことができたんです。

その中には手放すのに悩んだモノもありました。特に思い出のモノは辛い。

もったいないという気持ちが邪魔をし、手が止まってしまうんです。

そこで音楽を聴きながらやってみることにしました。単純作業をこなすように無心で。

身体が自然と動き出しストレスなく物を手放すことができてしまう。

ポイっと!

ゴミ箱に捨てる時はサビの部分でかっこよく投げ入れる。なんだか楽しい。

テンポの良い曲がおすすめ

テンポの良い曲がおすすめです。

私自身、いろんなジャンルの曲を聴くのが好きなんですがシチュエーションによって使い分けをしています。

集中したい時や寝る前は優しいピアノの曲みたいな感じ。

捨て活動時はテンポの良い曲を選びます。その中でも尖った感じがはかどります。

たとえば、ヨルシカの「だから僕は音楽を辞めた」

世捨て人みたいな気持ちになって、モノをたくさん持つことがどうでも良くなります。

ヨルシカはテンポが良い曲が多いのでおすすめです。

まとめ

捨てたいんだけど進まない

そんな時、音楽を聴きながらがおすすめです。

もったいないという気持ちが生まれるということは、モノを大切にしようという気持ちの現れでもあると思います。

たくさんのモノを手放した先は、最小限の物を大切にする

現在、このような気持ちで物と向き合って日々過ごしています。

誰かのミニマリズムに影響されてお金を散財するのではなく、参考程度にして快適に生活していきたいですね。

ぜひ、音楽を聴きながら捨て活動をやってみてはいかがでしょうか。

素敵なミニマル生活を!

最後まで読んでいただきありがとうございました◎

よかったらシェアしてください♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください