年賀状を書くのはやめました

3年くらい前から年賀状を書くことをやめました。

礼儀がないなんて言われたこともありました。

だけど年末年始に当たり前にやっていたことをやめることで幸福度が増しました。

今回は私が年賀状を書くのをやめた理由をお話しします。

子供の頃から書くことが好き

今はメールやLINEでやりとりができる大変便利な世の中です。

小さい頃は携帯電話なんてありません。思いを伝えるツールは口頭か固定電話か手紙。

小さい頃から手紙を書くのが好きです。

小学生の頃、文通を2年間しました。お相手は福島県の同い年の女の子。九州⇔東北。

お互い好きな男の子のことや学校生活のあれやそれやを書いて盛り上がりました。

大体、1ヶ月に1度届く手紙。返事を書いて送る。

夢中でした。

なんだかTwitterと似ています。とっても楽しいんです。

会ったこともないのに紙に書いた文字で繋がれる。今も大切な思い出の一部になっています。

大人になるにつれ年賀状が主の手紙になりました。大学生の時に体育会の部活に所属していたこともあり、多くて100枚以上書いたと記憶しています。

書かなくちゃいけない

義務感が強くなりました。みんな書いているから書かなくちゃいけない。

気づいたらそれが当たり前になって、楽しくなくなっていたんです。

年末年始に書かなきゃいけないという脅迫観念。そんな気持ちで書いて相手に送る年賀状ってどうなんだろう。

まずは自分から10枚だけ書くことにして、送ってくれた人に返事という形で書くことにしました。

だんだんそういうのも違うなーと感じるようになりました。

そして年賀状を書くのをやめました

それは少し勇気のいることでしたが、今は書かないことが当たり前になり気持ちが楽です。

清々しい気持ちで年末年始を過ごしています。

今の職場は虚礼廃止を推進しているので、年賀状のやりとりは禁止されています。

虚礼廃止とは思いのこもっていない儀礼はやめること

楽しく思いを込めて言葉を送りたい

そんな思いを心に携えて書き続けていこう。

今日も幸せな1日を!

よかったらシェアしてください♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください